弁護士の法律相談を受けて手続きが可能か検討が必要

subpage01

多額の借金があるときには、すぐに自己破産をして借金を帳消しにしたいと発想する人も多いでしょう。

しかし、自己破産という手続きは申請を行うだけで、すべて返済を免除してもらえるようにできるわけではありません。

破産の申し立てをすることによって、申請内容について裁判所が審査を行ってから、免責が認められるかどうかが決まります。



ギャンブルによって増えた借金を抱えているときや、遊興費として多額のお金を作った結果として借金額が増えたときなどの場合は、自己破産が認められないことが多いです。



つまり、自己破産を行うときには、債務者が抱えている状況や借金ができた理由によって帳消しにできるかどうか決まってきますので、事前に弁護士の法律相談を受けておいて、自己破産が可能なのかどうか判断してもらっておくことがおすすめです。



弁護士の法律相談を受けた結果として、自己破産が認められないと考えられるときには別の解決策を検討する必要があります。

債務整理の手続きを専門家である弁護士に依頼したいと思っているときには、判断基準として知識や実績が豊富なところを選択することが良いです。



債務整理というものは交渉次第によって結果が変わってきますので、法律相談を行う弁護士によって良い結果が得られるかどうかが決まってきます。



信頼性の高い法律事務所と判断するためには、費用や支払い方法について明確にされている事務所を選択することもおすすめと言えます。



関連リンク

subpage02














借金の法律相談すれば債務整理を提案してもらえます

返したい意思があっても現実的に支払っていくことが困難な借金を抱えているときには、弁護士に法律相談することで債務整理を行えます。貸金業者などから融資を受けたことが原因で、返済できない借金を背負って苦しんでいる人は多いと言えますが、借金を整理する方法として債務整理の手続きがあることを把握していない人も数多くいるでしょう。...

NEXT
subpage03














交通事故の場合の弁護士への法律相談

交通事故にあった場合、相手との示談や損害賠償請求などの、さまざまな事柄をこなさなければなりません。通常、示談交渉については、自動車保険の損害保険会社にまかせておけば問題はないものですが、場合によっては、示談の条件じたいが当事者としての希望とはかけ離れていることもありますし、保険の上では相手に100パーセントの過失があるような交通事故については、そもそも損害保険会社の示談交渉サービスが使えません。...

NEXT