交通事故の場合の弁護士への法律相談

subpage01

交通事故にあった場合、相手との示談や損害賠償請求などの、さまざまな事柄をこなさなければなりません。

通常、示談交渉については、自動車保険の損害保険会社にまかせておけば問題はないものですが、場合によっては、示談の条件じたいが当事者としての希望とはかけ離れていることもありますし、保険の上では相手に100パーセントの過失があるような交通事故については、そもそも損害保険会社の示談交渉サービスが使えません。



こうしたケースでは、当事者が直接行動するしかありませんが、交通事故にかかわる法律についての知識を何ももたない状態で相手と交渉に臨んだとしても、実りある成果が得られないことは明らかです。



そこで、弁護士による法律相談をまずは利用してみて、どのような方針により行動すればよいのかという戦略を立ててからのほうがよいでしょう。



弁護士による法律相談は、通常はどの弁護士事務所でも実施していますので、弁護士が空いている日時をあらかじめ電話などで予約しておきます。



当日はおよそ30分や1時間といった単位が1コマとなっていますので、その時間内で相談したいことをかいつまんで説明できるように、資料などを持参するとよいでしょう。



具体的には、交通事故証明書などの公的な書類、現場の見取り図や写真、相手の言い分をまとめたものなどがあると、法律相談がスムーズに進むものとみられます。
弁護士はこれらの資料をもとにして、法律的な観点から、相談事項に対する適切なアドバイスを行います。



関連リンク

subpage02














弁護士の法律相談を受けて手続きが可能か検討が必要

多額の借金があるときには、すぐに自己破産をして借金を帳消しにしたいと発想する人も多いでしょう。しかし、自己破産という手続きは申請を行うだけで、すべて返済を免除してもらえるようにできるわけではありません。...

NEXT
subpage03














借金の法律相談すれば債務整理を提案してもらえます

返したい意思があっても現実的に支払っていくことが困難な借金を抱えているときには、弁護士に法律相談することで債務整理を行えます。貸金業者などから融資を受けたことが原因で、返済できない借金を背負って苦しんでいる人は多いと言えますが、借金を整理する方法として債務整理の手続きがあることを把握していない人も数多くいるでしょう。...

NEXT